SKY3DS+

皆様、こんにちは。

皆様はSKY3DS+マジコンが知っていますか?

SKY3DS+が登場以来、ずっと人気があります。

機能がいいで、安定性がいいで、品質がいいで、それに、使い方でもとても簡単です。

近日、SKY3DS+による【MHX】モンハンクロスのセーブデータ編集可能になることがリリースされました。

今日は、皆様のため、SKY3DS+による【MHX】モンハンクロスのセーブデータ編集可能についての内容を紹介させていただきます。

SKY3DS+による【MHX】モンハンクロスの改造方法を解説します。
最新10.3までに対応しているNINJHAXを利用して、本体にHomebrewを導入して、HBLが起動するようになった後、セーブデータのダンプと編集を行います。

exploitを利用するためにCubic Ninjaが必要です。
もしくはSKY3DS+或いは旧SKY3DSがCubic Ninjaを代わりに使えます。

操作手順:
手順1、Homebrewの導入
1)Cubic NinjaのロムをMicroSDカードにコピーし、SKY3DS+に入れます。(SKY3DS+で3dsソフト起動する方法、ご覧ください!)
2)こちらからhomebrew kitをダウンロードしてください。解凍した全てのフアイルをSDカードのルートに移動します。
3ds_fw_howto5

 


3)NINJHAXにアクセスして、自分にあった3DS(OLD or NEW)及びFWを選択し、「Update QR code」をクリックしてあなたの3DSに合ったQR codeを生成します。
3ds_fw_howto2

 


4)3DSのWi-Fi接続を有効にして、インターネットにつないでいる状態にしておきます。
「Cubic Ninja」を起動し、EDIT -> QR CodeからQRコードの読み取りを行います。先ほどNINJHAXで作成したQRコードを読み取ります。 

3ds_fw_howto6

 


読取りに成功すると、上記画像(exploitをセーブデータにインストールするガイド)が出てきます。Aボタンを押すとインストールが開始されます。
インストール完了後、Aボタンを押すとHomebrewLauncher(以下HBL)が起動します。
ここまで、HBLの導入は大成功です。

 



手順2、HBL導入後の操作(セーブデータのダンプ&編集)

MHXセーブデータのダンプ
extdata_dumpツールを利用してSDカードにすべてのEXTDATAをダンプする事や、EXTDATA設定で指定されたダンプ、設定で指定されたEXTDATAを復元する事ができます。
こちらよりダウンロードします。解凍したものをSDカードの3DSフォルダにコピーすれば終了です。
3ds_fw_howto8

 


ダンプは下記画像のようにconfig.txtを編集します。
3ds_fw_howto9
;ダンプ時 リネームしています。



DUMP “00001554:/system” “dumps/00001554/system2”

DUMP “00001554:/system_backup” “dumps/00001554/system_backup2”

バイナリエディタによる編集
extdata_dumpでダンプしたセーブデータをバイナリエディタを使用して、編集します。今回は、Stirlingをダウンロードします。
バイナリエディタのダウンロード後、インストールが終了しましたら起動してください。
3ds_mhx_sav_editor_binary

 



改造ツール(MHX Save Editor )
今回の改造方法では基本的にバイナリエディタでの編集を行います。MHX Save Editorの動作にはJava Runtime Environment(JRE)が必要です。PCにインストールされていない方は、こちらよりダウンロードしてください。
195932tucauuh49do1h1hu


マジコンの使い方はとても簡単でしょう。ダウンロード後、起動しメニュー(文件)からファイルを開く(O)を選んでMHXのSYSTEMを開きます。

 



手順3、ゲームでの読み込み
編集したファイルをPCからSDカードに移し、リストアします。
extdata_dumpの場合、下記画像のようにconfig.txtを編集します。
3ds_fw_howto9


;ダンプ時 リネームしています。

DUMP “00001554:/system” “dumps/00001554/system2”

DUMP “00001554:/system_backup” “dumps/00001554/system_backup2”

;リストア時

RESTORE “dumps/00001554/system” “00001554:/system”

RESTORE “dumps/00001554/system_backup” “00001554:/system_backup”


手順4、ゲームの動作確認

改造が反映されているか確認します。以上で終了です。セーブデータを読み込めば改造内容が反映されています!

これはビデオ:http://v.youku.com/v_show/id_XMTQwMjQ0NDMyOA==.htmlです。ご参考してください。

SKY3DS+マジコンは直接MHXをプレイできるだけでなく、MHXのセーブデータを編集できます。

これ以上です。

もしあなたはこんな素敵な3DSマジコンを手に入りたいと、公式代理店へ買いに行きましょう。

3DSマジコン通販公式代理店:3DStopz.com